私は専業主婦です。

自分は無収入のため、カードローンはできないと思っていました。

しかし、知人の専業主婦の方に、旦那さんに内緒でカードローンをしている人がいました。

そのため、専業主婦でもカードローンってできるんだと驚きました。

その人は、カードローンで借りて、自分の好きな服や鞄などを、ネットで購入しておられました。

けれど、やっぱり返済が厳しくなり、借金が100万程に膨れてしまい、どうにも返せなくなって、旦那さんにそのことを告白しました。

幸い家の貯金はあり、旦那さんが管理していたため、返済できたそうですが、とても怒られたそうです。

専業主婦でもカードローンは利用できますが、旦那さんに内緒で返せなくなってしまえば、大変だなと思います。キャッシングは若い頃は苦い思い出があります。わたしは現在48歳で18歳の専門学校生だったころに西武のキャンパスカードという、ものを作ったのがクレジットカードの始まりでした。学生でも作れるショッピングのみのものでしたが、その後二十歳になったら利用わくが広がり、キャッシングもいつの間にかついていました。職場の先輩がお金が足りないときはキャッシングするの。と言っているのを聞いてキャッシングしたのが始まり。しかし、就職先の会社がすぐに潰れてしまいキャッシングの借金が残ってしまいました。金利などが高いのでしばらく苦しみながら払い続けました。その後はキャッシングには手を出さないように気を付けています。〇参考サイト:専業主婦でも借りられる!夫に内緒で即日融資可能なカードローン【初めての主婦カードローンなび】

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

カードローンという言葉は聞いたことがありましたが、詳しいことは実は知りません。

また、周りで利用したという話も聞いたことがないのが実情です。

ネットなどで見ただけですが、割と簡単に融資を受けることができる方法なのかなという印象を持っています。

私個人は、借金は避けたいと考えていますので、今は全く縁遠いです。

でも、いざ大金が必要になった時に、還すメドさえついているのであれば、簡単に利用できる消費者の味方なのではないか、とも言えると思います。

必要に応じてどうしても、という人には良いのではないでしょうか。〇参考サイト
専業主婦がお金を借りる−即日審査・融資OKの銀行カードローン【内緒で借入マニュアル】

内緒で借入マニュアルン

キャッシングとクレジットの違いとしてまず挙げられるのが、規制をしている法律が異なるという点です。
キャッシングは、銀行の場合は銀行法が、消費者金融や信販会社の場合は貸金業法が適用されます。
一方、クレジットカードのショッピング枠については、割賦販売法が適用されます。
キャッシングとクレジットの違いとしてわかりやすいのが、前者は20歳以上でないと申込みができないのに対して、後者は18歳以上でも申込みが可能である点です。
もちろん、20歳未満の未成年者は親の同意が必要になります。
また、キャッシングではローンと同じで金利が設定されており、利息がかかります。
クレジットカードは借金ではないので、利息はかかりません。そのかわりに、リボ払い・分割払いでは手数料がかかります。
クレジットカードでは、毎月の支払いは口座からの引き落としになっているので、普通預金の口座が必要になります。
このような違いがありますが、両者は共通点も多いです。
どちらもインターネットから簡単に申込みができ、審査を受けることでカードを作ることができます。
審査の内容は金融機関によって異なりますが、年収、勤務形態、勤続年数、年齢、個人信用情報、他社からの借入状況などが重要項目となります。
そのためアルバイト中の学生でも借入が可能です。
こちら(⇒スマホで完結!学生も来店不要で申込めるキャッシング会社)のサイトでさらに詳しく書かれています。
店頭に行くことなく申込が可能な金融機関が紹介されています。
キャッシング枠を利用するかカードローンに申込むか迷っている方必見です。